天理臨2014

8月に入りました。

ここ数日、すっきりとしない空模様ですが、蒸し暑い日が続き、「夏」を感じます。

夏といえば、この時期は毎年恒例の「天理臨」。
今夏も和歌山地区からの“こどもおぢばがえり”臨時列車が運転されました。

久しく、天理臨は撮影していなかったのですが、今年は思い立って出かけてみました。


▲9467M 2014.7.29 PENTAX K-7

京都支所の117系、T2編成です。
381系アコモ編成に代わって、昨年より和歌山地区の臨に使用されています。

京都地域色編成の撮影は初めてです。
曇っていましたが、想像していたより綺麗な緑色に感じました。




▲9469M 2014.7.29 PENTAX K-7

上の6両編成より約一時間後に通過した、和歌山地域色の天理臨。

場所移動も考えたのですが、同じ場所で撮り比べてみました。
ここは日差しがあると遅い時間帯では山影に入りそうでしたので、曇って良かったのかな。


以前は、団臨運用で新宮までの入線もあった117系ですが、最近はご無沙汰です。
和歌山DC絡みで来てくれませんかねえ。
コメント

おはようございます。

 遠方よりお疲れさまです。私は先々週に観光で新宮に足を運びました。十津川経由で3時間くらいかかりますね。

 さて、29日におなちゃん様が撮影されたあたりで撮影なされている方を車から目撃いたしました。もしかするとご本人様だったかもしれませんね。

 今年の日根野車は青緑編成でラッキーでしたね。昨年までと一味違う趣ですから撮影欲が自然と湧きました。昨年に比べると運行本数が減少しているように感じますが、来年以降も夏の風物詩として走り続けて欲しいと願っております。

  • 南海大学
  • 2014/08/02 10:02

南海大学さん

コメントありがとうございます。

29日、北宇智直線にも行ったのですが、雑草が繁茂していて6両は収まらないと思い、今回の撮影場所に移動しました。

13:30頃から約3時間程、定期列車と定点撮影していましたので、私に間違いないと思います(笑)

不安定な天気と新宮からは大台ヶ原経由でも約3時間の道程でしたが、和歌山線の夏の風物詩を撮影出来て、満足しています。

  • おなちゃん
  • 2014/08/03 09:09
トラックバック
この記事のトラックバックURL