紀勢トワイライト

10月27日、新宮着発でトワイライトエクスプレス車両を使用したツアーの3回目が運転されました。

平日の月曜日ということで、撮影者も少なめか?と思っていたのですが、予想に反して大勢の撮影者の姿が見えました。


9028レ 日置川 2014.10.27 PENTAX K-7

上画像は、雲ひとつない青空の下、日置川を渡る「ランチクルーズ」列車。
曇天の古座川からここに着いた時には、すでにたくさんの撮影者がいましたが、知人グループの中に入れていただき、このカットをものにすることが出来ました。

林立する三脚の隙間で機材セッティングを終え、談笑しながら久しぶりにお会いした旧知の方々との時間を過ごします。

トワイライトの通過時刻となり、ざわついていた周囲も静まりました。
鉄橋に差し掛かったところで警笛一発。

鉄橋を渡る音が近づいてくると、一斉にシャッター音が響きました。

各撮影場所でお会いした皆様、お疲れさまでした。
そして、ありがとうございました。
コメント

素晴らしいお写真ですね。羨ましいです。私は仕事が忙しくて休むことが出来ませんでした。

天候不順のようですが日置川は奇麗に晴れたのですね。不思議なもんです。撮影者はどれくらいいらっしゃいましたか?立錐の余地もない、そんな感じだったでしょうか?

撮影お疲れさまです。

  • 南海大学
  • 2014/10/29 22:16

南海大学 様

コメントありがとうございます。

この日は自宅のある新宮から古座川へ向かい、その後に日置川に向かったのですが、前夜の雨を降らせた雲が午前中は残りました。
古座川は曇りで、いわゆる撃沈・・・。

午後から晴れとの予報を信じ、場所の移動を始めました。
潮岬を過ぎてから晴れてきて、日置川は画像のような青空の下に。

ただ紀北の方での、トワイライトは曇天だったようですので、運にも恵まれたところが大きかったように思います。

撮影者は平日にしてはかなり多かったように思います。
1回目ほどでは無かったですが、築堤側はいっぱいでした。
でも、河原の方は余裕があったようです。

上で撮るか下から青空をいっぱいに撮るか?悩みましたが、今回は築堤にカメラ2台を構え、横と縦で青空バックもアピールしてみました。

  • おなちゃん
  • 2014/10/30 17:23
トラックバック
この記事のトラックバックURL