夕陽を浴びる国鉄色

三連休最終日の夕方、国鉄色のキハを狙いに出かけました。

昨年末にも同じ場所に出かけたのですが、日没で満足のゆく結果にならず。
今日は再挑戦です。

西の空に浮かぶ雲の様子を気にしながら、現地に到着しました。
案の定、太陽の沈む方向に雲が流れてきます。

国鉄色キハの331Cの10分程前に、多気行きのキハ11が通過するのですが、これはクリアな光線。
その後は、雲の影になったり陽が射したりの繰り返し・・・。

影の中で、踏切が鳴り始めました。
陽が射すと信じて露出を決め、列車が現れるのを待ちました。

結果、100%の光線では無かったですが、イメージに近い夕陽を浴びる国鉄色をものに出来ました。


331C 熊野市〜有井 2015.1.12 PENTAX K-5

 
コメント

こんにちは。

私はいつも多気or三瀬谷で331Cを撮影するのですが、熊野市界隈を通過する頃にはすっかり夕暮れなのですね。

 一度キハ40系に乗ってゆーっくり旅でもしたいと思っております。

  • 南海大学
  • 2015/01/25 14:50

南海大学 様

こんばんは。
331Cは約4時間近くかけて多気から新宮へ向かいます。
時間を気にしなければ、ゆっくりとキハ40系の旅を満喫できると思います。

私は331Cではありませんが、数年前に名古屋からの仕事の帰りに松阪からキハ40系の普通列車で新宮に向かったことがあります。
ワンマンでは無くツーマンでしたので、車掌さんの肉声アナウンスをじっくり聞きながらボックスシートで、のんびりとした時間を過ごしましたが、今一度そうした時間を作りたいと思いますね。

  • おなちゃん
  • 2015/01/25 20:46
トラックバック
この記事のトラックバックURL