105系春日色、さらに減少・・・

先日、105系の4扉が青の単色で出場し、新在家まで回送されたようです。
(SW004編成?)

「春日色がまた減ったなあ〜」と思っていたら、続いて春日色が吹田に入場した模様。

紀南での代走も、春日色が入る確率がさらにぐっと下がってしまうようです。

単色も悪くは無いのですが、和歌山での105系4扉車というと、春日色の方がしっくりときます。

過去画より、SW004編成の紀南地区代走を2枚、貼っておきます。


2012.4.8 2323M 三輪崎〜新宮 PENTAX K-5



2011.1.19 2334M 周参見〜紀伊日置 PENTAX K-7
コメント

こんばんは。

春日色も、今や貴重な存在となりつつありますね。

紀勢本線の165系が105系春日色に置き換えられた時、正直がっかりしましたが、今では代走で入るのを見た時は、ラッキーだと思います。

昨年、サロンカー紀伊で帰省した時には、青一色の代走4扉車が入っていました。
今や、これにがっかりしてしまい、鉄道ファンというのは、自分勝手なものだと思ってしまいます(苦笑)

okkieさん

こんばんは。
紀勢本線に初めて105系がやってきた時は1運用の限定でしたので、私はもの珍しさに良く狙いに行きました。

ただ165系と105系の競演も長くはなく、105系オンリーになってしまった時は複雑な思いでしたね。

そんな105系ですが置換え当初は4連の運用もあったりで、今となってはもっとしっかりと記録しておけば良かったと後悔しています(苦笑)

  • おなちゃん
  • 2015/02/04 21:37
トラックバック
この記事のトラックバックURL