2015年 大晦日

2015年も終わりが近づいてきました。
鉄道系のブログでは「撮り納め」のタイトルが付いた記事を多く見かけます。

当ブログでは久しぶりの投稿になりますが、今年の後半に入ってから仕事の関係で、
撮影と記事の投稿が大失速・・・。
ようやく昨日が仕事納めで、今日は私も撮り納めに。

午前中は雨も降った新宮でしたが、お昼前から晴れてきたのでカメラを持ち出しました。


78M 宇久井〜那智 PENTAX K-5


59M 宇久井〜那智 PENTAX K-5

被写体は287系と283系。
381系の引退後は白浜以南の特急くろしおを、この2者が担っています。

381系引退のフィーバーも終わり、静かな年末を迎えた”きのくに線”ですが、
年が明けても、これまでと変わらないスタンスで撮影を続けていきたいと思います。
 

熊野古道から

今日は日中、すっきりしないお天気でした。
午後には灰色の雲に覆われて、雨も降りだしそうな空模様。
梅雨入りシーズンも、もうすぐかな?という雰囲気。

それでも、朝のうちはまだ陽射しがあったので、熊野古道「高野坂」へ行ってみました。

以前から気になっていた場所(自宅からも近いのですが・・・)だったのですが、これまで訪れたことはありませんでした。
そこに地元趣友のブログで高野坂の画像がUP。

ようやく重たい腰を上げたのでした。

撮影場所に着くと、その趣友氏が既にスタンバイ状態!
共に、苦笑い?しながら381系くろしおを撮影。

撮影前後もいろんな話に花が咲き、楽しい時間でした。
ありがとうございました。


68M 新宮〜三輪崎 2015.5.28 PENTAX K-5

節目、御礼

「1,500,000」

↑当ブログの親サイトのカウンターが上記の数字を超えました。
開設から18年目・・・。

まあ、よくも続けてこられたもんだと、自分でも思っています。

“バスと鉄道”というマニア系(笑)趣味ですが、そこにあるのは車両だけでなく、利用者であり運行に携わる関係者である「人」であり、素晴らしい「風景」など。
いろんな要素が合わさっていることに気づくほど、奥が深いものだと感じています。

また。1,000,000HITの時(2009年12月)にもサイト上に書いたのですが、本当にいろいろな人のお蔭で続けてこられた感謝の気持ちでいっぱいです。


最近は個人の情報発信ツールもブログやSNSが隆盛で、ウェブサイトは減少傾向。
私自身もこのブログで発信したり、facebookもやっていますが、ウェブサイトとしての役割はまだまだあると思っています。

20年目、30年目を迎えられるように続けていきたい。

まだまだ通過点だと考えています。



327D 有井駅 2000年10月撮影

105系最後の新和歌山色、SF003

105系で最後の新和歌山色となったSF003編成。

3扉の105系が紀南地区に導入されたのが、2004年10月でした。
10年以上に渡って当地の普通電車といえば、この塗色だった訳ですが、青緑一色の地域色への塗り替えが進み、見納めが近くなってきました。

紀南地区の景色にも非常にマッチしていたと思うこの色合い。
残された時間はどのぐらいか分かりませんが、出来る限りいろんな場所で再記録しておきたいと思います。

これから梅雨の時期、そして撮りたい対象がたくさんある中、どれだけ成果が残せるか!?


2323M 三輪崎〜新宮 2015.5.22 PENTAX K-5



2342M 宇久井〜那智 2015.3.24 PENTAX K-5

 

105系SF001編成

紀南地区の105系。

吹田工場に入場していたSF001編成が、青緑一色の和歌山地域色となって出場。
この17日から、きのくに線での運用に復帰をしています。

これで、「新和歌山色」と呼ばれる、オーシャングリーン地に帯入りの編成は、SF003のみとなりました。

前回の吹田出場はSF001が2012年12月、SF003が2013年3月でしたので、ひょっとすると近いうちに
SF003も・・・?



2332M 新宮〜三輪崎 2015.5.20 PENTAX K-5